昨日も明日も暇

日本語弱者が頑張って文字を書いた

セロハン


あと少しで12月になるそうで、あらら

クリスマスって面白いなあなんて不意に思ったってことを書こうと思いました

クリスマスって他の国の神様のお誕生日でしょう
まあ今の日本は無宗教の人がほとんどでしょうし、
当然鎖国してるわけでもなく、それどころか無駄に外国に行きたがる人もいるくらい
何なんでしょうねフォロワーの大半は日本人なのにインスタグラムのキャプションを英語で書いちゃう人はね、ってのは置いておこう長くなるから

なんなら2日前に天皇さんのお誕生日があるのに、他国の神様のお誕生日の方が盛り上がっちゃってる
なんなら「天皇誕生日」よりも「クリスマスイブイブ」なんて言われちゃってる

おもしろいですねえ

何かよく分からないけど目につくもの全て電飾で囲っちゃえ!キラキラさせちゃえ!という単純さ、とても好きです

まあ私は夜にLEDの大群をキラキラさせるより、晴れたの日の昼のステンドグラスの方が綺麗で「らしい」なと思いますけどね

なんて考えながら町田駅のイルミネーションをぼーっと見ながら乗り換えしてました

 

安易に履かれる黒タイツさん

こんにちは

ここ最近色々なことがありましたね
なんて書くと良くも悪くも物事に巻き込まれたかのようなテイストを醸し出してしまうけれど決してそんなことはない、季節の挨拶と同じテイストで使った私が悪かった

まあそんなことはどうでもよくて

ここ最近ひたすらに、ああ空を飛べたらなあ、と思う
手段はなんでもいい
鳥かごに乗せられたり、クラゲの足に掴まったり、風船にぶら下げたり、なんでもいい、布団に入ったままでもいい、なんならコウノトリの背中に乗るんでもいい
高所恐怖症なのだけれども空まで行けば関係なくなるかな、と勝手に思っている

だからと言って空を飛ぶ努力なんてしたこともないし、しようとも思わない

結局私たちが何かを変えようと行動を起こす対象なんて、ささくれだとか肌荒れだとか直接的にQOLを下げてくるもの

小さいけれど何となく嫌だなあ、というもの

ささくれを丁寧に剥いたって肌荒れにクリームを塗ったって誰1人空を飛ぶほど幸せのどんでん返しは訪れないと知りながら今日も惰性で生活していく

アメリカの大統領が変わろうと、年号が変わろうと、
恐らくどこかの国が潰されようと大虐殺が起きようと、突然キリストが生き還ろうと、
そんなことよりも乗るはずの電車が遅れたり、天気予報が外れたりする方が大きい問題なんだよなあ

なんて思った昼

だから平凡なのか

 

フロート

 


こんばんは

16時頃に各駅停車に乗ったら中学生高校生のお帰りの時間に被ってしまったようで学生のみなさんに囲まれながら新宿に向かったり、最近見た映画や友達に借りて読んだ漫画が青春モノだったりしたので少々おセンチになっておりました

なんならフリカエールとかいうアプリまで落としてしまったので尚更
そんなアプリによれば11月11日、高校3年生の私はしっかりポッキーの日を意識していたようで
2年後の私はポッキーなんて買っちゃいなかった

大人になるとはこんなものなのか

青春と聞いて何が浮かぶだろうか、青春とは何だろうか

友達に借りた漫画では炭酸飲料で表現されているようで。
そういえば小学生の時に読んだ漫画でも「クリームソーダみたいな空!」なんて屋上で女子高生が叫んでいた気がする

炭酸を年中弾けさせることは出来るが、やはり炭酸飲料といえば夏、なのかしら

夏のせいにしたらいい、という歌詞があるように、
夏の魔法、真夏の夜の夢、と形容されるようにどうやら夏に物事が動くそう

こんなことをつらつらと考えている今日は11月
肌寒くなって、マフラーが必要になって、吐く息も白くなって、クリスマスに向けてキラキラしたものが街に並ぶようになって、何か急き立てられるような、何か寂しいような気分にさせられる、そんな11月

だからこそ夏が、青春が輝いて見えるのだろうか

先ほど、夏に物事が動きがちとの結論を出したが、内心そんなことなんて思っちゃいない

大学生の私の夏休みを見てみれば分かるように何も起きやしない
クリームソーダの空が広がる夏に私がしたことといえば屋根の下でご飯を出したり、チケットをもぎったり、ステージを眺めたり、そんなことくらい
頭の上にあるのはクリームソーダの空ではなく、屋根だったんですね

夏だからではなく長期休暇だから男女が学校以外で会う機会が増えるだけのこと
当然のように毎日会えなくなるからSNSで繋がったり繋がれなかったり、会いたいのに会えなかったり、2人だけで会えたりして、何かしら甘酸っぱいことが起きるだけのこと

甘酸っぱいのか ほろ苦いのか、それとも甘いだけなのか不味いのかは別として

クリスマス前に焦ってくっつくカップルが多いのと何ら変わりはない

結局私たちは時間に期待しすぎているんですよ
季節に期待しすぎているんですよ


なんて考えながら、マフラーにぐるぐるに巻かれ、肩を縮めて凍えながら外でアイスを齧っていた

純ジャパ

 


ハッピーハロウィン

今日も私のiPhoneには蜘蛛の巣が張っている、仮装でもしているのだろうか
iPhoneの画面のヒビを「蜘蛛の巣」とドリーミィに表現くれた君に乾杯をしたいと思う

先日、私の友達に「しおりん元気にしてる?」と聞いて下さった方がちらほらいたそう
SNSではギリギリ繋がっているのだからそっちで聞いてくれればいいものを

SNSよりビーチで、なんて湘南のバンドのボーカルが歌っているが、他人越しよりSNS愛の言霊を囁いて、といった気分だ
まあ、「本日も麗しいお日頃で」のような挨拶と変わらないのでしょう。
忘れ去られてないだけ有り難いです、有難う御座いました。まあ、忘れたくても忘れられないと思いますが。

と、どうせこんな日記なんて読まれていないだろうと期待して言いたい放題吐いたところで近況を報告しようと思う

ここ最近起きたことなんて至って平凡なことばかり
多分こんな日常だって、そこらへんの偉い人がそこそこの誇張をして、旬の美男美女に演じさせて映画にしてしまえば、「平凡な映画もあっていいよね」「エモい〜〜」なんて月並みの感想をぼやく大学生あたりに見てもらえるでしょう
そんなもんですよ

だいたい、「近況」とは何日のことを指すのだろうか

1ヶ月分だろうか

「しおりん元気にしてる?」と聞いた人は恐らく私が元気にしていることよりも不幸になっていることを望んでいるので、ご期待に添えられるようマイナスなことも書いてあげようと思う
読んでいないと思うけど

10月1日
眼鏡ケースだけを売ってくれる眼鏡店を見つけるのは難しいと知った。
推しの元気がなかったので勝手に心配をした。

2日
この日も推しの元気がなかったので勝手に心配をした。
クリスマスの予定が埋まった。

3日
何人かに起床確認をしてもらったのに二度寝をした。
友達がネタに困らないような人生を送っていた。
特技(ネットストーキング)を遺憾無く発揮した。

4日
とうとうゼミを選ばなければいけなくなった。
推しのゼミがなくて路頭に迷った。

5日
推しから私信が来て驚きのあまり階段を踏み外した。
ギター職人の友達に彼女が出来たようで、弦と半田ゴテで指輪やら腕輪やらを作っていた。

6日
知らない番号から電話が掛かってきた。悪い意味での心当たりが多すぎて電話に出られなかった。
39歳未婚男性に「結婚したいなら料理の腕を磨け」と的確なアドバイスを頂いた。

7日
原田ちあきに似ていると言われた。分かる。

8日
葬式で流して欲しい音楽が増えた。いっそのこと葬式はフェスにしようと思う。

9日
男女の友情があると思ってるのは女だけ、という話を聞いて絶望したが、もともと男友達なんていなかった。

10日
3回目なのに2回欠席している授業に行った。休んだ理由を聞かれたので、東北の実家に帰省をしていたと嘘をついた。実家は神奈川です。毎日帰省しています。

11日
推しが元気になっていて嬉しい。
128GBのiPhoneの容量がいっぱいになってしまった。オタク友達の日付感覚が完全に狂っていて心配になった。彼女は9月を生きていた。

12日
私の成長をしみじみと噛み締めてくれる大人がいた。嬉しいなと思った。ありがたいですね。

13日
ノンシリコンシャンプーはすごい。サラサラつるつるになった髪の毛を見せたいなと思う人がいて嬉しい、と思ったが別の人に見せるどころか触らせてしまった。そんなもんだ

14日
IKKOはすごい。疲れたら寝るに限る。

断れないんだよ、とボヤいていた友達を散々叱責していた去年の自分が懐かしい。断れないんだよ。

15日
月が綺麗だった。

16日
全ての予定を飛ばして寝腐った。相変わらずきちんと断ることが出来ない。月が綺麗だった。

17日
学校に行くと必ず楽しいので、どんなに眠くても寒くても行くべきだなと思った。

酔った勢いで本音を言えるタイプの人にひたすら色々と言われた。本人は満足して帰って行ったようだが、酔った人に言われた言葉を信用出来るわけがなく、無駄にアルコールへの嫌悪を募らせただけだった。

18日
半袖を着た。夏の再来は嬉しい。

19日
友達に恋愛不適合者と言われ、的確だなと思った。
暖かい居場所は大切にしたい。人の誕生日をお祝いした。
幸せのお裾分けをして頂いた。幸せだった。

20日
整体に行った翌日なのに身体が凝り固まっていた。
ハエトリグモは怖い。推しが元気なようで嬉しい。

21日
全休の日は全休したい。重曹が荒れた肌を容赦なく刺激して痛い。ここ最近の悩みはバイト先の洗剤が強すぎて肌荒れをすること。右手の中指と左手の薬指だけ荒れる。ヒビ割れてしまっている。痛い。

22日
学園祭での楽しみ方が分からない。よくよく考えれば自校の学園祭でさえ部室に篭って寝たり、ゲームをする先輩を眺めていただけだったので他校の学園祭で楽しむなんて不可能だった。
推しが元気で楽しそうだったので安心した。

23日
挙動不審を貫いてしまった。

24日
友達と話して「刺激を受けたし頑張ろうと思った!」という人とは違う人種なんだろうなと悟った。

25日
久々に会った友達とタラタラと話したが安心した。
刺激よりも安定が欲しい。

部屋が法外に寒いので寝る前にスープを啜らないと寝られなくなった。

26日
不意に垣間見えるカーストにうんざりしつつ、思考を止め、感情を殺し、従うことで全てを円滑に進めた。要するに私は純ジャパニーズだし海外志向の君たちも純ジャパニーズということ。スマホの蜘蛛の巣が濃厚になった。冬服のポケットは信用ならない。

27日
バイト先の常連の誕生日を聞いたら母親と同じ誕生日だった。ただそれだけ。

28日
景気付けに食べたチーズケーキが美味しくなかったので何も頑張れなかった。

29日
ハロウィンは怖い。友達の家に泊まった。
ポップコーンが発火した。友達のぬいぐるみに勝手に名前をつけた。友達の家で走ったらオーバーオールが破けた。縫ってもらった。

30日
本棚を買いたいのに丁度いい大きさの物がなくて困った。CDも本も溢れてしまっている。

31日
自校の学園祭に一瞬も顔を出さなかったが、母親は満喫していて何とも形容しがたい気分になった。
ブラックコーヒーを700ml飲んだら身体が痺れた。


楽しくなさそうに見えるが、こんな日常が楽しいんだよなあ

さて、11月も楽しく過ごせますように神様にお祈りをしよう

 

 

 

 

 

投身

 


雨の日の電車での話を書きます
昨日だったかな、一昨日だったかな

なくても困らないけどあったらあったで便利なものって挙げたらきりがないくらいあるじゃないですか。
それを持ってたら クオリティオブライフが10%上がるか上がらないか、
俗に言う「丁寧な暮らし」に半歩近づくか、くらいのもの

自分では進んで買うこともしないが、人に貰ったら使うようなもの

そんなものを持っておりました

雨の日の電車で、それを落としてしまいました

しゃがんで拾おうとしたけれども、周りの人にぶつかって迷惑をかけそうな混み具合
それに雨ですから、地面が汚い

さようならをしました

なんなら電車から降りる時に自ら、電車とホームの隙間に蹴落としました
3ヶ月そこら使っていたそいつは ふにゃっ と情けなく、汚く消えていきました
そんな様子を凝視するわけでもなく一瞥してホームを去りました


だけの話

エルイーデー

 


今日の月は良いですね
満月は昨日だったんですか、それとも今日ですか?
有難いことに生まれつき乱視ですので月が欠けていることになかなか気がつきません
他の人よりも満月の期間が長い、いいことです
今夜の月は白熱灯、昨晩の月は蛍光灯、といったところでしょうか、例えるならば
昨晩は「雲ひとつない空で月がよく見えるから満月日和だなあ」なんて思っていたのだけれど、違いましたね
少し雲があるくらいの方が良いですね
薄い雲が良い具合に満月を引き立ててくれます
美しいものは全て見ずに、少し物足りないと感じながら眺めるのがいいということでしょうか

 

なんて夕飯時の住宅街をふらつきながら考えたりした

カフェオレ

 

 

本日の月を見ましたか
満月ですね
空気も澄んでいて、雲ひとつない空で絶好の満月日和のようです
ただ光りすぎていて見ていて目が痛くなった
あれでは月というより自動車のヘッドライト
美しいものは直視できないようになっているのか、それとも見るに堪えないほど汚いのか

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と和訳した話は有名だが、
好きな人と見たいものは、何だろうか
日本人は桜を愛でていたのに、なぜ「桜が綺麗ですね」と和訳しないのだろうか、アイラブユーは年中言わなければならないのだろうか?
なぜ春まで待てないのだろうか?

なんて考えながらコーヒーを片手に駅から家まで歩いて帰っていました

金木犀が香らなくなった
蝉の声を聞くことも、ペシャンコに潰れた死体を見ることもなくなった
金木犀の香りがしたら、蝉の声を聞いたらみんな騒ぐのに、いなくなると気がつかない
君たちがいなくなったとしても、夏になれば蝉は鳴くし、秋になれば金木犀は香る