読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日も明日も暇

日本語弱者が頑張って文字を書いた

geshi

 

 

アジサイが咲いてますね。綺麗ですね。紫陽花。
あの群れになって生えているのがいい。勝手にブーケになってくれてる感じ。
この時期に紫陽花の写真を撮ってインスタとかTwitterに上げるのってアレでしょ、桜の写真を撮るだけでは飽き足らず、地面に散った花びらまで撮ってupしちゃう恒例のアレと同じでしょ、って感じがするんですよね私は。
まあ私もそれやりましたけど。俗ですけど。
とにかく、そんな俗な感じがして紫陽花の写真をupするどころか撮る気にもならなかったから捻くれている。
多分紫陽花の写真を一枚も撮らずに紫陽花が枯れていくでしょう。
今年の夏までには向日葵を撮れるくらいには純粋になりたいと思いました。

そんなことはどうでもいいんだよ。

6月21日ってなんの日かご存知ですか。
夏至の日ですね。一年で一番日が長い日。太陽が早く出てきて遅く沈む日。
夏至が過ぎたら日が短くなっていくわけで。太陽がサボりがちになるわけで。
いやあ、本当に寂しい。
寂しすぎて、夏至の次の日は悲しくてたまらなかった。今も寂しい。
バイトの看板に、今日は何の日か書くところがあるんだけれども、
「6月22日 昨日は夏至の日でしたね。今日から日が短くなるんですね。とても寂しいです。」って書くくらいには寂しい。
6月21日にシフト入ってた人が夏至の日って書いてなかったことも寂しかった。

夏至の日って正月より大事だと思うんですよ
夏至冬至、正月 の順だな。

じゃあそんなに言うなら夏至の日何してたんだよ、って思いますよね分かります。
まあ何もしてないんですけど。
日没前にバイトの事務所に行き色々話し、まだ明るいんだ、なんて漏らしながらカレー屋に行ってカレー食べて、お店から出たら太陽がいなくなっていた、みたいな。
あの日は月が大きかったですね。
オレンジで。たしか前日の月はピンクだったんですよね。
夏至が過ぎれば月が主役ですから、張り切ったんでしょう

なんでそんなに太陽に拘るかは自分でも分からない。
日焼けは絶対にしたくないから、日焼け止めはやたらと塗り直すし、日陰を探して歩くし、
夜が嫌いなわけでもない。
太陽が出ている間だけ生活できるわけでもない。
でもさあ、やっぱり空は水色であって欲しいし、そこに浮かぶ白い月が綺麗だったりするのね
カーテンを開けたら水色の空が広がってて欲しいのね

何が言いたいか忘れましたが、要するに夏至が過ぎて寂しいって話でした。