読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日も明日も暇

日本語弱者が頑張って文字を書いた

seizonken

 


来ましたね、夏休み。
夏休みって何故こうにもワクワクするのでしょうか。
冬休みも春休みよりも断然ワクワクする響き。夏休み。サマーバケーション(ここで某告知を入れると思ったら大間違い)。

7月の序盤に、ふと あれ?何をしているのかな私は、と思ってしまったんですね
学校行って、バイトして、帰ったらもう深夜で。そっからシャワー浴びてスマホいじって寝たら次の朝。
また学校行って。って。
なんだこれは、と。
春休み。春休みは春休みでよく分からないな、と。
バイトがガラッと変わって、環境が大分変わった春休み。
ほぼバイトするかライブに行くか、という生活。
いやあ、悪くないというか良質なんですよ。文化的に。とても。
お金を貰いながら音楽を聴けるし、普通に生活してたら出会えていないような音楽にも出会えるし。
とても良い。非常に良い。
もう一つのバイトはイタリアンだったのだけれど、これも良かった。昼営業がなくなったので辞めてしまったけども。
モヒートなんて作らないですからね。普通に生活してたら。あれ面倒なんですよ。
氷砕いてミント叩いてガムシロ入れてリンゴシロップ入れて。みたいな。
昼間なんてほぼ人が来ないから掃除して立ってるだけでお金はもらえるし、パスタ食べさせてもらえるし。

でも何でだろう。何だこの空虚感は。

自分の時間が貴重なものだとも思わないし、いざ空白の時間を与えられたとしても有意義な使い方を出来る気はしないし、ましてや、そこらへんの旦那の金で生活している主婦が自己満でインスタグラムに投稿してしまうような #丁寧な暮らし みたいな暮らしはできないとは分かってるんですけども。
それでも何かこう、時間に追われた生活に対する疲れと、自分の時間を切り取って売ってる感覚に不意に襲われてしまって。まあ甘えなんだけれども。

てことでこの夏は昼働いて夜は本読んだり日記書いたり映画見たりライブ行く生活にしよ、と決めました。
人間的文化的な生活をしよう2016夏。