読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日も明日も暇

日本語弱者が頑張って文字を書いた

地球人とハイヤー


こんばんは

今日の月をご存知ですか。半月です。
下弦の月上弦の月かは覚えてないけれども。
まあそんな月への知識もない私ですが、月って良いですよね。

特に昼間の月が好きです。
淡い水色の中に白い月。良いですね。部屋の天井もそんな感じにしたい。

今日は丸一日用事がない日でしたので、ゆっくり起きて昼ごはんを食べて昼寝して、母親の所用に付き合い外に出ました
まあ母親の所用ってのがスマホの機種変をしにドコモショップに行く、ってやつだったんですが
案の定待たされるし香水臭いし目の前の子供はうるさいし、で、忍耐力のない私は車に戻って本を読んで暇潰しをしていたんです

その時に見た月が昼間の月。淡くてとてもよかった。

車の中で待つのに飽きたので、歩いて帰ることにしたが、申し訳なく思った母がタクシー代をくれた

そう乗る機会ないじゃないですか、タクシー。
芸能人でもないし。
多分人生で5回目そこら。嘘だ。15回目そこら。

タクシーの運転手さんがなかなか物腰が柔らかな方でしたので、話しながら帰った

その運転手さんの第一声が「今日は半月ですね」

良いですねえ。
最近なかなか月の話をしないじゃないですか。
月の話どころか「今日は良いお日頃で」なんて挨拶もしない、
なんならiPhoneで あいさつ、って打とうとするとアイザックがすぐ出てしまう、そんなご時世。

その時に車窓から見上げた半月は 昼間とは違って光っていたんですな
淡い水色の中の淡い白い半月ではなく、濃い青の中の金色の半月。

運転手さんとは、満月の日にお財布を月に向けて振るとお金が増える話をして帰りました。
北島三郎ってお財布にいつも200万入れてるんだって、いいね、意味分からないね、なんて。

家まで5分のところで降りて、歩いて帰りました
その時に見上げたら深い青に金の半月。
良いですね。月は、いつ見ても良いですね。

たまには空見なよ、ってお話でした