読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日も明日も暇

日本語弱者が頑張って文字を書いた

余りにも紅すぎるルージュ

 


フリカエールなるアプリを開きました。
1年前の自分の生活を一部分だけれども見られて、もっと自分を大切にして生きてほしかったなあと思いました。
が、大切にしてたっちゃしてたっぽくて、「大切にする」のベクトルが社会通念からも良識からも2016年の私からも違いすぎていただけっぽい

結果としては自己破壊、自己価値の低下に繋がることを自分のためにと思い、せっせと神経をすり減らしながらやってきた、だけの話
お化粧の仕方を間違えたようなもの

まあ、別に価値が低下しようと自己破壊活動をしようと、リストをカットしたわけでもないので手首は天使のように、産まれたての赤ちゃんのようにツルツルすべすべ、1年後に死んでるわけでも社会的に抹殺されてるわけでもなくのうのうと生活できているわけで。
自己破壊活動で得たものはTwitterの不幸ネタと会いたくない人間と敵くらい
失ったものはいくつかのコミュニティ、そんなもんなんですねえ。どうでもいいや。


アペタイザー程度のご挨拶を書こうと思ったのだが長くなってしまったな、ということでご挨拶だけでドロン