読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日も明日も暇

日本語弱者が頑張って文字を書いた

ピノキオの鼻

 

2016年度が終わりました
というのを3月31日が終わる頃に想起したわけですが、だからと言って何があるのかというも何もない
大体3ヶ月前には2016年が終わっていて、そこで何かしらの総括をしたのでした
総括をして、新年の抱負やらなんとやらを抱えたのに、たった3カ月でまた区切りなんてつけてられないですよねっていう
本棚の仕切りじゃあないんだからさあ
3カ月に満足がいかなかった人たちがまた「新年度」への期待を込めて、込め直して、3カ月のモラトリアムを設けるのでしょうか


とかいう自分の3カ月はどうなのか

この3カ月、結膜炎になった社員に八つ当たりされたり、全体ラインで誰かの手抜きが怒られていて、よく読まずに反射的に謝ってからちゃんと読み返したら自分の手抜きじゃなかったことに気付いてしまったり、感覚を無理やり言語化したら誤解を招き、相手を不快にさせてしまったり、淡々とお話をしているだけなのに真顔すぎると言われてしまい困惑したり、普段の表情について考えたらキリがなくなってしまいマスクの導入を本気で考えたり、男の子と元カノとのデートの話を聞く女の子が萎れていく様子を目の当たりにしたり、テスト前の友達の行動を見て就活を想像してげんなりしたりしました
そう、何もなかったわけでもない
4時間かけて練ったプレイリストをかけたのが裏目に出てしまったこともありました
友達に「春休み何したの?」と言われ、手帳を開いたら家に引きこもってひたすら寝るか映画を観るか、バイトに行くしかしてなかったことに気付いて虚無感に襲われたりもしました

何もなかったわけではない

こんな中途半端なことをしているから前に進めないし他人より劣っていく

まあ、役にも立たない自己反省はこれくらいにしてエイプリルフールの話をします

エイプリルフールになった瞬間、嘘をつきたくなって今日が誕生日である旨の嘘をついてみました
4月1日が誕生日の人が思いの外多くて、滑り散らかしました
3分だけ二度寝をしました
Wi-Fiが通っていないのに推しの動画を見てしまいました
推しが肩車されていました、可愛すぎてやりきれない
推しが馬跳びしていました、可愛すぎてやりきれない
推しが煙草に火をつけてて、美しすぎてやりきれない
大学の友達と花見に行くはずが雨が降ってしまったのでパンを見に行った
そのパンケーキ屋さんの壁にはパンケーキの写真しかかかっていなかった
要するに店員さんの目に入るものは客の顔とパンケーキしかない、可哀想だ
パンケーキを食べました
「あ〜〜死ぬ前に絶対に食べたいくらい美味しい、やりきれないわ」と言いながら食べたが、甘すぎて「甘さのリンチ 集団暴行 現代社会の闇 なんでも甘くすればいいと思ってるのは違う 気が利かない」等々の被害者意識を抱くまでになった
好きと嫌いは表裏一体ということでしょうか
別の友達とライブに行った
4月1日は、大晦日レベルに良いライブがそこらかしこであったようで
ちなみに非現実的なことを想像して目の前の現実をむやみに恨むという非生産的な行為は嫌いです
よって「身体が4つあれば」なんて言わない言いたくもない
WWWでも北沢三丁目でもasiaでもなくスリーに行った
各所に行った友達はみんな最高な思いをしたらしく、そして私も最高な思いをした
よって日本の地下で優勝した人間は多いし、ホカホカした顔で地上に出た人間も多い
めでたい
友達とホカホカしながら王将に行って餃子とビールをしばいた
餃子のタレ ゆず風味とやらがあって、優勝していた
ホカホカしながら帰った

嘘であってほしいことなど一つもなかった

そんなエイプリルフールを抱えて生きていきたい